航空宇宙工業

航空宇宙工業

航空宇宙 業界概要

新たな高みに到達

世界の航空宇宙産業および航空機産業は今後明るい兆しが見込まれます。世界情勢が不安定な状況にありながら、アジア太平洋諸国の航空旅客需要は増大し続けており、域内の航空宇宙メーカー、MRO企業、航空機・航空宇宙産業界にはあらゆるビジネスチャンスがもたらされています。今後20年間で、世界の商業用航空機数は倍増すると予測されています。大手航空機メーカーのエアバスとボーイングは、20年後に世界の航空機の3分の1以上がアジアに供給され、2031年までに、アジア太平洋地域における航空機数は現在の3倍の1万3500機になると予想しています。

MROにおいてアジアナンバーワン

シンガポールでは、航空関連サービスの需要を獲得するための環境が整っています。100社を超える航空宇宙関連企業の存在に支えられて、現在、シンガポールはアジア太平洋の航空機産業の最重要拠点となっており、域内のメンテナンス・修理・オーバーホール(MRO)事業の4分の1を超えるシェアを占めています。STエアロスペースやグッドリッチといった大手企業は、機体のメンテナンスからエンジンのオーバーホール、航空機の修理・改造まで、総合的なMROサービスを行っています。

競争的、効率的、総合的な技能集団

MROに加えて、シンガポールは航空宇宙産業の設計および製造部門でも成長を遂げています。ますます多くの企業が、複合航空エンジンコンポーネントの生産において精密工業やエレクトロニクスなどシンガポールがかねてより培ってきた技術を活用しています。例えば2012年、ロールス・ロイスはセレター・キャンパスを設立し、エンジンの組立や試験、技能訓練や研究開発などの活動のみならず、同社のチタン製ワイドコードファンブレードの製造も行っています。同様に2013年1月、プラット・アンド・ホイットニーは、米国本社以外で初めてギヤードターボ・ファンのハイブリッドファンブレードとタービンディスクの製造施設を起工しました。

国際航空ショーの開催

2008年2月に初めて開催されたシンガポールエアショーでは、航空機および機器の売上高が130億米ドルを突破し、世界3大航空ショーのひとつを開催する国として、シンガポールの地位が確立されました。それ以来、シンガポールエアショーにおける取引額は倍増し、2012年では、310億米ドル相当を上回る商談が成立しました。同じエアショーでは、128か国から45,000人を超えるトレード入場者を記録しました。

エンジン装置、バルブ、ギャレー設備の一部はシンガポールで生産されている製品です。R&Dについては、ボーイング、EADS、プラット・アンド・ホイットニー、ロールス・ロイスがシンガポール科学技術研究庁(A*STAR)やその研究機関と提携し、航空宇宙関連の研究を行うことを発表しています。

業界の厳しい要求に対応するため、労働力を増強

航空宇宙産業には厳格な安全・品質基準があります。そのため、十分に訓練を受けて高度な技能を備え、経験豊富な人材を蓄積することがバリューチェーンの重要なポイントとなります。今日、航空宇宙産業はおよそ19,900人の労働者を雇用し、その90%が高度技術職です。

世界最高水準の総合セレター・エアロスペース・パーク

シンガポールは優れた接続性と効率的なサプライチェーンを誇り、将来の成長路線に沿うべく、さらなるインフラ強化が行われています。この取り組みの最重点項目が総面積 300 ヘクタールにおよぶ航空宇宙産業専用工業団地「セレター・エアロスペース・パーク」(SAP)です。SAP参入各社は滑走路アクセスを備えた世界レベルのビジネスインフラと、企業集団の集積化によるシナジー効果を最大限に活用することができます。2012年のSAP開設に伴い、ロールス・ロイス、ベル・ヘリコプター、セスナ・エアクラフト、フォッカー・サービス・アジア、ホーカー・パシフィックといった多国籍大手(MNCs)8社を含む数多くの企業が施設を新規開設し、SAPは大きな成功を収めてきました。第1工期、第2工期を経て全体の80%におよぶ83ヘクタールの用地が現在活用され、2014年までに第3工期のインフラ整備が完了する予定です。

業界データ

  • シンガポールの航空宇宙産業は、過去20年間にわたり平均して年率10%の成長を遂げています。
  • 今日アジアで最も包括的なメンテナンス・修理・オーバーホール (MRO) 事業の拠点としてシンガポールは域内MROシェアの4分の1を占めています。
  • 2012年、航空宇宙産業における生産高は87億シンガポールドルを記録しました。
  • 航空宇宙産業に携わる雇用人員は2012年に19,900人超に達し、その90%が高技能職です。

進出の準備はできていますか?

EDBの無償サービスは広範囲で信頼性が高く、政府資金によるものです。 シンガポールでの企業設立に関するEDBの支援事業についてご紹介します。

お問い合わせはこちら