都市、インフラ・産業ソリューション

都市、インフラ・産業ソリューション

業界概要

インフラ需要の増加
アジアや中東はかつてない急激な経済成長をみせており、エネルギー、石油精製品、化学製品、消費財の需要が増加しています。同時に各業界へ新たな投資を呼びこむエンジニアリング・サービスの需要も高まっています。気候変動の加速にともなって、効率的かつ環境上持続可能なソリューションを開発することが課題となる中、シンガポールはエンジニアリング・サービス産業の支援に取り組んでいます。


エンジニアリング・ソリューションに優れたワンストップ・ハブとして
今日シンガポールには、アラップ、ジェイコブズ・エンジニアリング、KBR、フロア、フォスター・ウィーラー、CH2MHILL、ウォーリーパーソンズ、CB&I ルーマス、横河電機、エマソン、ロックウェル・オートメーション、M+W ザンダーといった世界大手エンジニアリング企業が多数事業拠点を構えています。各社は、基本設計業務、コンサルタント、システム開発からプロジェクト管理、建設管理にわたる多様なサービスを、石油化学や生体医科学を含むさまざまな産業に提供しています。


都市ソリューションの情報基盤

シンガポールが目指すのは、一括受注契約機能と革新的なソリューションを開発するための知的基盤を備えた国内外の企業の活気ある未来を構築することです。同時に地域のインフラ開発の魅力あふれる将来性に投資し、都市計画、交通システム、環境ソリューションを含む都市ソリューションの知的基盤となることを目指します。シンガポールに拠点を置く企業は、民間企業と公的機関の両者と連携することにより、革新的で持続可能なソリューションの開発・実証実験を行い、世界市場へ拡大することができるのです。

今後のエンジニアリング産業の課題と対策

世界有数の成長市場との近接性と他に類を見ないネットワークを有するシンガポールは、専門技術を備えた優秀な人材を積極的に育成し、世界の緊急課題に対応するエンジニアリング・ソリューションの開発拠点を目指しています。

適切な専門技術を備えた人的資源

シンガポールは、知識集約型経済を確立するというビジョンに沿って、適切な専門技術を身につけた国際競争力のある人材を企業に提供し、エンジニアリング・サービス産業のニーズに応えます。また、研修によって技術と経験を十分に備えた人材を育成する企業の取り組みを積極的に支援していきます。企業は地元高等専門教育を受けた豊富な人材を活用できるだけでなく、アジア地域から有能な技術者を容易に獲得することができます。

成長市場とのシームレスな結びつき

シンガポールは、アジアと中東で急成長している市場を活用できる戦略的に有利な立地にあります。優れたネットワークによってシンガポールから世界各地の複合プロジェクトの設計・管理、人材基盤の活用が可能となり、主要市場と24時間常時接続できるのです。さらに、アジアで最多の国々と自由貿易協定を締結していることから、シンガポール国内に拠点を置く企業は新興成長市場へのアクセスが容易になります。

ソリューション・プロバイダーの多様なエコシステム

シンガポールはプロセス産業の開発に成功したことにより、この戦略的ロケーションからサービスを提供する国内外の企業の多様なエコシステムを確立することができました。プロセス製造におけるシンガポールの機能性を有効利用しているKBR、ウォーリーパーソンズ、ジェイコブズ・エンジニアリングといった大手企業のほか、多くの企業がインフラストラクチャ・エンジニアリング、建築サービスなど非プロセス部門で成功を収めました。そして地元企業WOHA、スルバナ、RSPアーキテクツなど多数が、世界各地のプロジェクトを手がけ、その業績で国際的評価を得ています。

業界データ

  • エンジニアリング・サービス産業の雇用者数は今日3万7,000人、シンガポール国内総生産の1.2%を占めています。
  • 自動・制御部門の世界トップ10企業のうち9社が主力事業をシンガポールで行っていることから、シンガポールはアジア最大のプロセス制御の拠点としての地位を確立しました。
  • 大手国際エンジニアリング設計企業によるシンガポール進出はめざましく、より効率的に中国、ヨーロッパおよびアメリカ市場にアクセスするために、最近ではM+Wザンダー・ファシリティ・エンジニアリングがシンガポールにグローバル本部を設置しました。ドイツ系エンジニアリング設計企業として初めてのシンガポール進出です。

関連リンク

EDBへのお問い合わせ

Mr GOH Chee Kiong

Mr GOH Chee Kiong

局長
クリーンテクノロジー、
都市、インフラ・
産業ソリューション

お問い合わせ 基本情報のダウンロード