情報通信製品

情報通信製品

業界概要

IT製品は私たちの日常生活に広く浸透し、現代社会でのコミュニケーションに欠かせない要素となっています。携帯電話やパソコンなどのパーソナル通信機器から、世界中の莫大なデータを伝達・処理するためのネットワーク、サーバー、ストレージの骨幹を成す企業向け製品やシステムまで、多種多様な製品があります。この情報通信製品の複雑なインフラと情報通信製品に基づく情報通信サービスは、個人・企業の活動の至るところに存在します。このような状況に応じ、幅広いIT企業がシンガポールに拠点を設立し、グローバル市場への展開を行っています。

シンガポールに本社を設立

シンガポールはITメーカーが国際的運営の指揮を執り、新しい情報通信製品の開発、製造を行う上で魅力的なロケーションです。デル、ヒューレット・パッカード(HP)、IBMなどの世界トップの情報通信製品メーカーや、アルカテル・ルーセントやシスコといったネットワーク機器メーカーは、研究開発やサプライチェーン管理から製造、ロジスティクス、シェアードサービスまでバリューチェーン全体の活動を行う地域統括本部や国際統括本部をシンガポールに設立しています。

消費者への動向調査によるニーズの企画と革新

情報通信製品の開発は単にハードウェアを作ることではなく、消費者ニーズを組み込むこともその一環です。シンガポールの多文化環境とアジアの中心に位置する戦略的ロケーションは、アジア地域の消費者ニーズを把握し、アジア地域向けの新商品を企画、開発するのに最適なロケーションです。

シンガポールにおける高性能製品の製造

高性能サーバーやATM、POSシステム、ネットワーク機器、スマートカードといった重要な役割を担うセキュアコンピューティング製品も、シンガポールで製造されている主要製品の一つです。シンガポールは高品質、多品種少量生産が可能であり、さらには精密部品メーカー、EMS企業、物流サービス企業に加え、その他シンガポール国内と近隣諸国のサプライヤーによる連携が確立されているため、これらの製造に適しています。

業界データ

  • 2011年、シンガポールのIT産業の収益は18.5%増の834億シンガポールドルに達しました。
  • シンガポールには情報通信産業の専門知識を有する人材が143,000人以上おり、その83%以上が少なくとも大学などの第三次教育を受けています。
  • シンガポールの情報通信およびコンシューマ・エレクトロニクスの2012年生産高は、前年比2.3%増となっています。
  • 世界トップ5の電子機器受託製造サービス(EMS)企業のうち4社がシンガポールで製造を行っています。

1 出典:シンガポール情報通信開発庁(IDA)

2 出典:シンガポール情報通信開発庁(IDA)

3 出典:シンガポール経済開発庁(EDB)

EDBへのお問い合わせ

Mr Kiren KUMAR

Mr Kiren KUMAR

局長
情報通信メディア

お問い合わせ

関連事例紹介

IBM(英語)

IBM(英語) 続きを読む