HOME STRATEGY

シンガポールは長い間、製造業、サービス業および研究開発(R&D)を中心に経済を発展させてきました。 EDBは、「HOME STRATEGY(誘致先から本拠地へ)」戦略により、企業を誘致する立場から、ビジネス、イノベーション、人材を育む企業の本拠地へとシンガポールの役割を変えようとしています。

HOME FOR BUSINESS

アジアでの事業展開を目指すなら、アジアの中心という地の利があり、世界各地への接続性に優れ、ビジネス保護政策を実施しているシンガポールが理想的な進出先ではないでしょうか。工業製品・サービス分野で世界トップのグローバル企業やメディア・金融サービスの大手企業も、シンガポールを中核拠点に選んでいます。


HOME FOR BUSINESS

「Home for Business (ビジネスの本拠地)」とは、企業をシンガポールに深く根付かせ、シンガポールを企業の第2の本拠地とすることを表しています。

今後、中国、インド、ASEANなどアジアの成長こそが世界の貿易と投資の流れを作るようになっていくでしょう。 製造業とサービス産業の拠点がアジアへと進出するにしたがって、工学系人材がアジアに流入することで、企業のアジアへの注目度がさらに高まっています。

この地域の動向を捉えてビジネス・チャンスをつかみ、アジア各地へ広がるネットワークを有効利用するには、主要な意思決定者をシンガポールに配置することが理想的であると言えます。 知識や知的財産を活用し、高い競争力となる主要な事業を請け負うと共に、アジアを起点とした企業の成長を促すことができる安定した基盤が備わっています。

同時に、世界各地への良好なアクセスを誇りさまざまな考えや視点が交差する土地であるシンガポールは、アジア企業の世界へと羽ばたくための理想的な出発点となるでしょう。