シンガポールの
基盤

シンガポールには、Trust (信頼)・Knowledge (知識)・Connected(ネットワーク)・Life (生活)からなる充実した基盤があります。これらの強力な要素が相まって、シンガポールを拠点にアジアへの進出を視野に入れている企業にとって魅力的な環境を形成しています。

信頼

進出を検討している企業が注目すべき点は、シンガポールには倫理性、順応性、そして知的資本を尊重する環境が用意されていることです。戦略的思考を持った行政機構が、発明と技術革新の保護に対する企業のニーズにお応えします。


信頼

シンガポールはさまざまなビジネス・ニーズ、そして発明と技術革新保護の必要性にお応えします

シンガポールは倫理性、品質、信頼性、生産性、法規制、知的所有権保護制度の施行で知られています。 これらは知識経済で欠かせない資産です。

シンガポールは、優れた税率と税法を維持し、石油化学、エレクトロニクス、クリーン・エネルギーなど、経済の柱となっている産業を推進するための戦略的、総合的なアプローチを取りながら、最近では都市生活、ウェルネス、エイジングケア、医療、ライフスタイル製品およびサービスの分野で新しいアイデアやソリューションを開発・実証することを目的とした「フューチャー・シンガポール」という政策を実施しています。

シンガポールは技術革新に適したロケーションとして、研究開発(R&D)制度や知的所有権(IP)制度を充実させてきました。

また国内のIP保護のための法的な枠組みの整備に尽力し、国際経営開発研究所(IMD)による『世界競争力レポート2011』では、シンガポールのIP保護制度は、アジアでトップ、世界では第9位にランクされています。 同じく、世界経済フォーラムの『世界競争力レポート2011-2012』でもアジアでトップ、世界では第2位にランクされています。

一貫して信頼性の高いIP制度が整えられている立地として、2009年に世界知的所有権機関(WIPO)がアジア初の地域事務所をシンガポールに開設しました。

また、積極的なIP保護実施により、30社を超える大手バイオメディカル・サイエンス企業がシンガポールに地域統括会社を設立しています。

シンガポール政府は、世界経済が危機的状況に陥っている時も常にピジネス優先の政策を採用し、 法人税率の引き下げ、従業員の中央積立基金(CPF)への拠出金率の引き下げ、オフィス賃料の上限設定などの措置を実施し、質の高い政策のランキングにおいて世界で最もビジネス環境の優れた国として位置づけられています(世界銀行刊『ビジネス環境の現状2012』による)。