セレター・エアロスペース・パーク

セレター・エアロスペース・パーク
セレター・エアロスペース・パークに成長余地

シンガポール島北部に位置するセレター空港は、1928 年イギリスによって建設され、1968 年までイギリス軍基地として使用されていました。 

今日、セレターは第 2 の空港として、主に航空学校や民間チャーター会社によって活用されています。また現在、ST エアロスペース、ジェット・エイヴィエーション、フォッカー・サービス・アジア、ホーカー・パシフィック・アジア、エグゼクジェットなど航空宇宙関連企業約 30 社の本拠地となっています。

この歴史的ランドマークは、シンガポールと地域で急速に高まる航空宇宙ニーズに対応するために設計された世界最先端の航空宇宙施設に生まれ変わろうとしています。敷地面積 300 ヘクタールに及ぶ航空宇宙産業団地は、次のような幅広い活動を提供します。

  • 航空機のメンテナンス、修理、オーバーホール (MRO)
  • 航空機システム、部品、軽量航空機の設計および製造
  • 商業航空および一般航空関連ビジネス
  • 教育・訓練機関および研究施設を収容した地域向けの航空宇宙業界団地


また新しいセレター・エアロスペース・パークには、産業および航空ビジネスをサポートするために空港もアップグレードする予定です。これには 1,800 メートルの滑走路、航空機パーキングエリア、エンジンのランナップエリアが含まれます。セレターは都心部から約 30 分、チャンギ国際空港から 20 分という非常に便利な場所に位置しています。

このユニークな産業団地には、既に海外の大手航空宇宙関連企業数社の進出が決まっています。プラット・アンド・ホイットニーは MRO キャンパスを建設しています。現在、 MRO 関連のサードパーティ企業としては世界最大の地元企業 ST エアロスペースは、旅客機から輸送機への改造を含む機体のメンテナンスおよび改修のための格納庫を新設しました。

航空機エンジンの大手メーカーであるロールス・ロイスは、大型航空機用のエンジンを製造するための最新の未来型工場を建設しています。ロールス・ロイスの CEO サー・ジョン・ローズ氏は 2008 年 2 月 19 日の起工式で「当社がセレター・エアロスペース・パークに建設する世界最高レベルの『未来型施設』は、運営および環境効率の面で従来の枠を超え、アジアにおいて特徴的なショーケースとなるだろう」と述べました。

セレター・エアロスペース・パークに入居する企業は、統合された環境に拠点を置くことで多くのシナジー効果を得ることになります。これらの企業が得るメリットには、規模の経済性や効率性の向上が含まれます。また、エアロスペース・パークのインフラを共有し、サプライヤー、顧客、パートナーが航空宇宙ビジネスの緊密なコミュニティ内で極めて近接しているため、新たな業界内の連携の機会も生まれます。

EDBへのお問い合わせ

ご質問などございましたら、オンラインフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ