シンガポールへの進出

個人、法人を問わず、事業開始の手続きは簡単です。 ここでは、税制、入国、事業登記、事業所物件選定および人材採用に関する事項をご紹介します。

ビジネスでの<br>シンガポール訪問

今日のビジネスでは、次から次へと出張が続きます。ビジネス優遇の政策を掲げるシンガポールでは、企業の投資担当者に専用のビザやパスを用意しているため、入出国がほとんどストレスなく行えます。


日本人がシンガポールへ入国する際には、30日以下の滞在であれば、ビザは必要ありません。

グローバル投資プログラム(GIP)

「コンタクトシンガポール」は、ビジネス拠点のシンガポールへの移転や、シンガポールでの投資活動に興味を持つ起業家と事業経営者のためのワンストップセンターです。

シンガポールへの進出、事業展開を支援します。新規事業、既存事業を問わず、起業家と事業経営者の皆さまにふさわしいパートナーをご紹介し、シンガポールにおける戦略的活動立ち上げの意思決定をお手伝いします。

また、コンタクトシンガポールでは「グローバル投資プログラム」をご用意しています。優れた実績を持ち、シンガポールからさらなる成長と拡大をこころざす起業家と事業経営者の方々に永住権を付与いたします。

グローバル投資プログラム、及びその応募に関する詳しい情報は、【こちら】をご覧ください。

http://contactsingapore.sg/gip

ENTREPASS

シンガポールで起業や会社の運営をする企業家の入国及び滞在を手助けすることを目的とします。EntrePassは、最初の有効期限は2年で、有望な事業計画の提示に対して発行されます。またシンガポールで起業する間、扶養家族へのパスも発行されます。EntrePassがあれば、シンガポール出国後の再入国手続きも簡単になります。また有効期限後も事業が継続する場合には更新が可能です。

シンガポールへの入国ビザ

ビザはシンガポールへの入国にビザを必要とする国からのビジネス関係者の入国を円滑に進めるためのものです。ビザは次のような場合に最適です。


•             シンガポールでの事業または投資に参加し、頻繁にシンガポールを訪れる
•             シンガポールでの事業機会を模索している

複数回にわたってシンガポールを訪れる場合、ビザ所有者はビザの有効期間内において何度でもシンガポールに入国することが許可されます。また、到着の状況によって、一度の入国につき、14日~30日間滞在可能です。

申請の際の注意点:

•             シンガポール入国の際のビザ必要条件について、お住まいの国のシンガポール大使館に確認してください。
•             申請の際に提出するシンガポール登録企業からの紹介状が必要となります。


中国とインドでは、オンラインにて提出された場合、通常、1営業日中に申請処理が行われます。その他のビザが必要な国々におけるビザに関する詳しい情報は、ICAウェブサイト(英語)を参照してください。