シンガポールに進出するにあたって

個人、法人を問わず、事業開始の手続きは簡単です。 ここでは、税制、入国、事業登記、事業所物件選定および人材採用に関する事項をご紹介します。

人材採用

シンガポールは熟練労働力が充実し、海外の優秀な人材も積極的に受け入れています。 シンガポールはアジアで最も生活と仕事がしやすく、娯楽が充実した国として評価されているため、人材を採用しやすい環境にあります。 シンガポールは企業のニーズの変化に対応するよう人材育成・教育への重点的な投資も行っています。


人材の採用・研修

シンガポールの労働力は、生産性、勤務態度、技能の高さから世界的に高い評価を得ています。 シンガポールの労働者は英語にも堪能で、常に技能と知識の向上に意欲的です。 そのためのさまざまな研修や奨学金プログラムも用意されています。

シンガポールは海外の人材を積極的に受け入れています。 外国人労働者に対する就労パスは2週間以内に発行されます。 短期プロジェクトのために専門職または管理職がシンガポールに出張する必要がある場合、3営業日で許可書を得ることができます。

各種就労パスおよび扶養家族用パスの詳細については、労働省(Ministry of Manpower)のウェブサイトをご覧ください。

シンガポールの労働市場、雇用法、採用業務、労働者研修およびスタッフ育成計画に関する情報は、こちらをご覧ください。