プロフェッショナル・サービス

プロフェッショナル・サービス

コンサルティング 業界概要

シンガポール - アジアと世界をつなぐ玄関口

東洋と西洋がユニークに融合しているシンガポールは、アジアの文化・伝統の背景とは対照的にオープンで効率的なビジネス環境が整っています。 文化・経済・学問の交流を促進するうえで理想的な立地条件に恵まれ、アジアと世界をつなぐ玄関口となります。

アジアの商業・法律制度は均一ではないため、アジアのニーズに合わせたビジネス・ソリューションの必要性が高まると予想されます。 シンガポールは需要を先取りする必要性を認識し、コンサルティングにおける思想的および実践的リーダーの支援に積極的に取り組んでいます。

コンサルティングに対する需要を集約

豊富なグローバル人材、多様化するビジネス環境、信頼性の高い法制度・政治体制により、シンガポールはコンサルティング企業が将来のビジネスニーズに対応する革新的ソリューションを創出するための最適な拠点となっています。

国際的なビジネスハブ

シンガポールには、幅広い産業や地域の多国籍企業が拠点を置いています。 世界銀行の報告書『ビジネス環境の現状2012』において、シンガポールは6年連続で「世界で最もビジネスに適した国」に選ばれており、実際に幅広い産業がシンガポールに拠点を置いています。  シンガポールの戦略的立地は物理的接続性の面で市場へのアクセスに便利であり、広範な国際協定ネットワークを通じて受ける利便性のメリットもあります。 また、シンガポールのビジネス支援環境は強固な金融部門によってさらに促進されています。  事実、44パーセントの企業が重要なアジア太平洋州地域統括本部をシンガポールに置いています。  グローバルな事業展開を開始したアジアの新興多国籍企業もシンガポールを成長の足がかりとして利用しています。 

シンガポールに置かれた多国籍企業の拠点は、知的所有権およびブランド・エクイティの管理、M&A、IPOなどの付加価値の高い事業を展開し、コンサルティングに対する強い需要を集約しています。

人材を引き付ける磁力

シンガポールはビジネスに適した国であるばかりでなく、安全で楽しく、ますます活気を増している暮らしやすい国です。 教育水準と労働者の技能の高さを誇るシンガポールは、労働力のさらなる強化に積極的に取り組み、アジアで最も働きやすい国に選ばれています(世界経済フォーラム『世界競争力レポート2011-2012』)。 その一端を示す好例として、世界中の人材をシンガポールに引き寄せることを目指したコンタクト・シンガポール(Contact Singapore)の設立が挙げられます。 また、シンガポールは世界経済フォーラムや世界都市サミット2012などの国際イベントを主催して、主要な産業の専門家を招いています。

ビジネス環境リスク評価会社BERIによる2011年労働力総合評価報告書において、シンガポールの労働力は世界最高と評価されました。 シンガポールは高度専門職に対する開放政策をとっているため、企業はグローバルな人材を容易かつ効果的に活用できます。

アジア全域のソリューションの発信地

多文化社会と産業の多様性を特徴とするシンガポールは、多くの面においてアジアの縮図を示しています。 こうした環境はアジアのニーズに応じた革新的ビジネス・ソリューションを実証する場として最適です。 多くの多国籍企業が拠点を置くシンガポールは、イノベーションを世界中に広めるための発信地になる条件を備えています。 

ポリティカル・アンド・エコノミック・リスク・コンサルタンシー(Political and Economic Risk Consultancy)によって1997年以来一貫してアジアで最も知的所有権が保護される国に選ばれたシンガポールは、信頼性の高い知識の宝庫です。 プロフェッショナル・サービス企業が一流の大学と連携して先駆的な研究開発を行い、得られた成果を実用化・応用する場として最適な環境が整っています。

統計データ

  • 強固な基盤を持ち、幅広い産業・地域から集まった多国籍企業は、アジア地域または世界の統括本部をシンガポールに置き、プロフェッショナル・サービスに対する高度な需要を集約しています。
  • シンガポールの労働力は世界最高と評価されました(BERI『2011年労働力総合評価報告書』)。
  • シンガポールは海外駐在者にとってアジアで最も生活しやすい国として継続的に選ばれています(世界経済フォーラム『世界競争力レポート2011-2012』)。
  • シンガポールは法律や規制で世界第2位にランクされ、アジアで最も知的所有権が保護される国に選ばれました(世界経済フォーラム『世界競争力レポート2011-2012』)。
  • シンガポールの仲裁機関で処理された国際訴訟の件数は過去5年間で2倍以上に増えています(シンガポール国際仲裁センター2011年年次報告)。
  • シンガポールは、世界のトップ15の広告代理店のうち14が地域拠点を置いているクリエイティブハブです(Adageのランキングによる)。 2009年9月以降、シンガポールはアジアの広告の創造性を称え、活性化させることを目的とする、アジア初の広告祭「スパイクス・アジア(Spikes Asia)」を主催してきました。 このイベントは、成長しているアジアのクリエイティブ・広告産業にネットワーク作りや意見交換のためのプラットフォームを提供し、アジア地域および世界の最高峰のクリエイターが集まる場となっています。