環境・水

環境・水

業界概要

世界的な課題への取り組み

今日、密集した都市部で人口約30 億人が暮らすアジアにおいて水質汚染と環境破壊は、特に深刻な課題です。しかし、環境・水処理産業界にとって、アジア地域のこれら課題に取り組み、貢献することは、多大なビジネスチャンスでもあるのです。

給水制限が何日も続いた 1960 年代以降、シンガポールは長い道のりを歩んできました。水の管理および水再生・海水淡水化などの水処理能力の発展のための研究と技術に投資し、自国の弱点を見事に力に変えたのです。過去40 年にわたって、シンガポールは大規模かつ革新的な環境産業を構築してきました。また、「国家の4つの蛇口」として知られる、国内の貯水池、輸入水、ニューウォーター(再生水)、脱塩水を利用した多様で持続可能な水供給システムも確立しました。

国際的に水と環境への取り組みが強化される中、シンガポールは環境及び水ソリューションの開発拠点および提供国として、環境・水産業において先導的地位を確立しています。

成長産業への資金投入

環境·水関連産業は、シンガポールにとって重要な成長産業として特定されました。シンガポール政府は、2006 年、水処理産業を活発化させるための研究開発および人材開発に3億3,000万シンガポールドルを投入すると表明しました。2011年には、さらに1億4,000万シンガポールドルを投入し、総額4億7,000万シンガポールドルの投資を行いました。2003 年に 5 億シンガポールドルだった水処理部門単独の GDP 貢献額は、2015 年に17 億シンガポールドルまで増加する見込みです。また、この部門の雇用者数は2015年には 1万1,000 人と倍増することが期待されています。

PUB (公益事業庁)および EDB (経済開発庁)が率いる省庁団体、環境・ウォーターインダストリ開発評議会(EWI)が2006年に設立され、水関連産業を成長させる取り組みの陣頭指揮を執ったりR&D資金の支援をしています。その中で重要な取り組みは、シンガポールで事業活動を確立するために、より多くの企業をシンガポールに誘致することです。これらの活動は、R&D、地域本部、セールス&マーケティング、サプライチェーン管理、製品開発、調達、製造が含まれます。

EWIはまた、シンガポールの​​企業や研究機関が世界的に輸出する前に、最先端の技術とソリューションを開発し、商品化をするのを手助けします。

水関連産業
今日では、シンガポールは約180社の水関連企業が「グローバル・ハイドロ・ハブ」として認識されています。これらの企業は、上流分野企業企業(例えば、メンブレンやポンプメーカー)、OEM、およびシステムインテグレータから、下流分野のEPC企業、プロジェクトの開発者まで及ぶ、水関連産業のバリュー・チェーン全体を表しています。

環境産業
水関連産業だけではなく、シンガポールは、環境コンサルタント、廃棄物管理や公害防止を含む環境産業も育成しています。スエズ、ヴェオリア、栗田とゴールダー·アソシエイツのような企業は、シンガポールでのプレゼンスを確立しています。

国際企業とローカル企業のクリティカルマス

シンガポールは、この地域への進出を目指す環境・水関連企業の出発点として理想的です。2015年の時点で、180社以上の水関連企業と26箇所の民間研究センターがあります。次のような大企業がシンガポールに拠点を設立しています。

  • 米国:ゼネラルエレクトリック、ブラックアンドビーチ、エボクア、CH2Mヒル、ザイレム
  • 欧州:PWNテクノロジーズ、アルカディス、DHI、ヴェオリア
  • アジア:メムスター、日東電工、東レ、栗田

また、ローカル企業が地域のリーダーとなった例もあり、その中には大企業も含まれています。

  • ハイフラックス(水と環境ソリューションを提供する国際的大手企業)
  • セムコープインダストリーズ(世界トップレベルの水道事業体、かつ東南アジア最大の廃棄物管理会社)
  • ユナイテッド・エンバイロテック(膜技術に基づく水処理・廃水処理・再生ソリューションを提供する大手企業)
  • ボーステッドサルコン(水や水処理技術専門の国際的大手企業)
シンガポールをベースとする新興企業:
  • ナノサン、ハイドロビジョンアジア、アクアポリン・アジア、Visenti、Fluigen、MINT

シンガポールは、環境関連改革の最前線に立ち、ニューウォーター(再生水)や深層トンネル下水道システムなどのソリューションをいち早く導入してきました。今日、シンガポールで開発された水と廃棄物の処理技術の海外市場における展開が増加しています。米国のブラックアンドビーチやCH2M Hillなどの国際的大手企業は、シンガポールで得た専門技術を、米国を含む世界中の他のプロジェクトに導入しています。一方ハイフラックスは、アルジェリアに世界最大の海水淡水化プラントを現在建設中です。

広がる研究パイプライン

研究開発エコシステム都市部での環境・水関連のニーズを満たすための将来的ソリューションの開発を目指して、南洋工科大学 (NTU) とシンガポール国立大学(NUS)は公的資金による最先端研究施設を設立しました。2013年に、ラックスリサーチは、水処理の研究で世界1・2位の大学にそれぞれNUSとNTUをランク付けました。シンガポールは、膜、水の再利用、海水淡水化の分野で特に優れていました。

NTUにある南洋環境・水処理研究所 (NEWRI)は4つの最先端研究施設から成り、膜、モデリングや廃棄物の研究の陣頭指揮を執っています。 NEWRIは世界で最も包括的かつ統合された環境・水処理研究機関として勢力的に活動を展開しています。

NUS環境研究所(NERI) -  環境や水処理研究をする産業界や研究機関のためのNUSにある窓口です。研究所はNUSから研究者や専門知識を集めています。

NUSDeltares  -シンガポール国立大学やオランダの応用研究機関デルタレスからトップクラスの研究者が集結した研究機関で、貯水池から海岸までの都市水道管理、気候変動適応、高密度生活における課題に取り組んでいます。

官民パートナーシップ
政府と企業間のパートナーシップは、シンガポールの持続可能性や都市ソリューションに関わる課題に重要な役割を果たしてきました。このようなパートナーシップを促進するため、シンガポールは「リビングラボ(生きた実験室)」として位置づけを確立し、開発、テスト、革新的なソリューションの商品化を考えるローカル企業および外資企業に国の都市インフラを提供しています。これにより、政府が企業によって導入された最適な技術とソリューションを活用することができます。

アジアや諸外国の市場に展開する前に、自社のソリューションを開発し強化させる参考市場としてシンガポールを利用することにより企業は利益を得ます。この取り組みは、他の分野と共同で水管理ソリューションで強みを構築することで、シンガポールに可能性を与えています。このことは、過去8年間でシンガポール公益事業庁(PUB)とスエズ·エンバイロメント、Anaergia、明電舎などの大手水関連企業が連携した150件以上のプロジェクトにつながっています。

シンガポール国際水週間

シンガポールはグローバルビジネス拠点としてグリーンソリューションの市場を提供しています。隔年行事であるシンガポール国際水週間(SIWW)では、世界各国の政策立案者、産業界のリーダー、専門家や実務家が一堂に会して課題に取り組み、また技術出展を通して新たなビジネス機会を開拓しその成果の成功を称えます。世界都市サミットとCleanEnviroサミットシンガポールと連携して開催された第6回SIWWは2014年6月1日~5日に行われ、133カ国・地域から20,000人以上の参加者を集めました。

参加者は、著名な世界の水産業界のリーダーや政府、国際機関、企業部門からの意思決定者である、中国の水資源大臣Chen Lai氏、アラブ首長国連邦の水・環境大臣Rashid Ahmed bin Fahad博士、オランダのインフラ・環境大臣Melanie Schultz van Haegen-Maas Geesteranus氏、経済協力開発機構(OECD)の事務総長Angel Gurria氏と国連水関連機関調整委員会(UN-Water)議長のMichel Jarraud氏を含みます。

開催期間に発表された受賞プロジェクト、入札、投資や共同研究開発の発表により総価値145億シンガポールドルの実績が生み出されました。

2016年のイベントは7月10日~15日に開催されます。詳細については、www.siww.com.sg.をご覧ください。

業界データ

  • シンガポールは、ここ40年でニューウォーター(再生水)、深層トンネル下水道システム、マリーナ・バレッジなど水に関する主要な国家プロジェクトの開発により、水資源問題を弱点から強みに変えてきました。
  • また都市国家シンガポールは、長年の取り組みにより、 「国家の4つの蛇口」として知られる、国内の貯水池、輸入水、再生水、脱塩水を利用した多様で持続可能な水供給システムを確立しました。
  • シンガポール政府は、環境・水処理産業が経済成長の牽引力となることを見越して、2006年にその研究開発拠点として国を発展させるため、合計4億7,000万シンガポールドルの資金投入し、技術力を柱にすえた環境・水処理産業の発展を推進すべく、環境・ウォーターインダストリー開発評議会(EWI)を新設しました。
  • 産業を成長させるための取り組みにより、EWIの開始以来成功している企業数は2006年の50社から今日の約180社まで倍増しました。水技術の様々な分野で研究を行う公的・民間のR&Dセンターは28ヶ所あります
  • NUSとNTUは、グローバル水研究の第1・2位の大学としてそれぞれ認識されています。

関連リンク

主な製品、施設

環境・水

Zweecアナリティクス
魚類動態モニタリングシステム

Zweecアナリティクスは、現実に都市国家に変化をもたらすハイテクの進歩に取り組んでいる地場企業です。注目すべき製品は、あらゆる種類の魚を使用して水質をテストする魚類動態モニタリングシステムです。魚を使用することは新しいものではありませんが、Zweecは全自動化された水品質管理のために、信頼性のあるアルゴリズムを基にしたシステムを作り、その技術を利用し改善しています。システムは、台湾、中国だけでなく、シンガポール各地や地域周辺に展開しています。 「シンガポールは世界的なハイドロ·ハブとしての地位を築いています。シンガポール政府は、効率と安全を確保する労力と時間を費やし、水技術のグローバルリーダーになることに成功しました」とZweecアナリティクスの最高経営責任者(CEO)Liaw Kok Eng氏は述べています。

Visenti
スマートウォーターの革新

Visentiは、Singapore-MIT Alliance for Research and Technology (SMART)の施設で非常に革新的で成果を上げた研究によってできた最近のスピンオフ企業で、インフラを監視し、業務を最適化することで電力会社を支援することに注力しています。 Visentiは、特許で保護されたハードウェア、エンド·ツー·エンドに基づいた無線データ送信やソフトウェア分析、配水用リアルタイムWaterWiSe監視システムを統合しています。 同社のシステムは、効果と効率性が向上する世界的な水道施設に対して有益なリアルタイム意思決定支援を提供することができます。これらの水道施設にとって数十億ドル規模のエネルギーコストの問題では、同社システムは、最小限の水の廃棄で、水質と水圧の基準を満たしながら、エネルギーコストとメンテナンスコストを削減することができます。

ジュロン水再生工場の明電
工業用水のソリューションのリビングラボ(生きた実験室)

シンガポールのジュロン水再生プラント(JWRP)はシンガポールで4ヶ所の水再生プラントのうち、工業用水(工業用40%、家庭用60%)の割合が最も高く、石油化学や産業の中核で主要産業用地であるジュロン島の近くに位置しています。使用済みの水(UW)は、昔から従来の活性汚泥プロセスを介して処理され、処理された廃水は海に排出されます。現在、JWRPは工業用水処理技術のテストベッドです。代表例は、明電シンガポールのシンガポール初のセラミック膜MBRの実証プラントを設立し、上向流嫌気性スラッジブランケット(UASB)技術とエネルギーの節約と一貫した高品質な再生水の産出ができる明電のセラミック膜MBRシステムの使用を組み合わせることによって、明電の使用済みの水を処理システムの有効性を実証しました。。また、今後は先行プロジェクトとしてトゥアス水再生プラントが機能し、島の西部にディープトンネル下水道システムのフェーズ2を実施する予定です。

EDBへのお問い合わせ

Mr GOH Chee Kiong

Mr GOH Chee Kiong

局長
クリーンテクノロジー、
都市、インフラ・
産業ソリューション

お問い合わせ 基本情報のダウンロード

タグ

環境・水